健康イノベーション教育プログラム第2期開講にあたって

静岡県の食料品・飲料等の出荷額、事業者数、付加価値額は、わが国でも1、2位を争う高い水準です。一方、世界でも類を見ない超高齢社会に突入したわが国では、どの地域においても健康寿命の延伸が最重要課題の一つであり、介護予防やフレイル対策などヘルスケアに着目した食品の開発や食事サービスの需要が高まっています。また、AI(人工知能)、IoTやビッグデータなど、情報技術革新に対応したデータ駆動型の研究・製品開発への発想の転換も喫緊の課題です。

このような背景のもと、静岡県は、内閣府地方創生交付金による「健康食イノベーション推進事業」の採択を受け、令和2年度から、食を中心としたヘルスケアの取組みの視点を取り込んだ新プロジェクト「フーズ・ヘルスケア オープンイノベーション プロジェクト」を立ち上げました。静岡県立大学は、本プロジェクトの中核機関として、「機能性開発プラットフォーム」の強化と「データヘルス・リビングラボ」の運営を担うとともに、食・ヘルスケア産業の中核を担う人材の育成に全学をあげて取り組むこととしました。

以上を踏まえて、第2期として令和3年度を開講いたします。



静岡県立大学 学長
尾池 和夫
 本学のある静岡県は、4つのプレートの集まる日本列島の中心部にあり、温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、食材の宝庫であり、長い健康寿命を誇っています。 この地域特性を地域創生に活かすことを目的に、静岡県が立ち上げたのが「フーズ・ヘルスケア オープンイノベーション プロジェクト」です。

本学は、「持続可能な開発目標(SDGs)」が誓う「誰一人取り残さない」社会の実現に向けて、人材の育成を通じて、地域をつくり、地域をむすび、そして未来へつないでいくため、同プロジェクトの一環として、昨年度「ビジネス・IT実践スキルアップ講座」を開講しました。多くの方々に、この講座を通じて、地域の持続可能な成長を目指したビジネスモデルを考える機会としていただければと存じます。


静岡県立大学「ふじのくに」みらい共育センター長
合田 敏尚
 新型コロナウイルス禍のような社会の急激な変化への対応に加えて、わが国で顕在化しつつある人口減少・超高齢社会の課題を乗り越え、幸福度の高い地域を創るために、地(知)の拠点大学に求められる最も重要な責務は、地域内の人材を効果的に育成し、地域社会のイノベーションを推進する仕組みを創ることだと考えます。 本教育プログラムは、しずおかの食・健康関連産業の未来を創るという目標に向けて、本学の研究・教育力を総動員し、文理融合プロジェクトとして提供するものです。

本教育プログラムによって、地域の未来のビジョンを俯瞰し、最先端のIT実践スキルの研鑽に取り組まれる多くの社会人にお会いできることを楽しみにしております。